業務用美容・エステ機器(IPL脱毛器・ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・ダイヤモンドピーリング等)のレンタルと販売。

ピウズ・プロショップ卸会員規約

【元のページへ戻る】

本規約は株式会社ピウズ(以下「甲」という)と、甲がインターネット上で運営する「ピウズ・プロショップ」内にて提供するサービスを利用する利用者(以下「乙」という)との一切の契約条件を定めるものとします。

第一条(規約の運用)

甲が提供する手段を通じ、随時乙に対して発表される諸規定は、本規約の一部を構成し、乙はこれを承諾したうえで「ピウズ・プロショップ」を利用するものとします。また、甲は、この規約を任意に変更することがあり、規約の変更後に「ピウズ・プロショップ」の利用があった場合には、乙はこの変更を承諾したものとします。この変更は甲が提供する手段を通じて随時乙に発表します。

第二条(利用者)

「ピウズ・プロショップ」の利用者とは、本契約を承諾の上、甲が定める「ピウズ・プロショップ」のサービスへの入店登録手続きを経て、甲が入店を承認し登録された個人・企業・団体等とします。

第三条(登録の承認)

甲は、乙が下記の項目に該当する場合はサービスの利用を承諾しない場合があります。また、承諾後であっても承諾した利用者が、下記のいずれかに該当することが判明した場合、承諾を取り消すことがあります。その場合、乙が登録または利用することに関し、甲が被った損害について、賠償を請求することが出来ます。
実在しない者である場合
過去に甲の関連した一切の契約等について、規約違反などにより利用の停止、または取消が行われていることが判明した場合
利用申込内容に虚偽、誤記または記入漏れ、もしくは入力ミス等があったことが判明した場合
甲が要求するアンケート等の記入事項に虚偽、誤記または記入漏れ等があったことが判明した場合
利用者が未成年者、補助・保佐・後見の開始決定を受けた者のいずれかであり、入店登録申込の際に法定代理人または補助人・保佐人・成年後見人の同意などを得ていなかった場合
利用者がサロン等の美容関連業以外の業種であることが判明した場合(但し、その他の業種であっても、甲が特別に登録を承認した場合はこの限りではない)
甲から仕入れた商材をオークションや共同購入のシステムで販売した場合
その他、甲が利用者と承認することを不適当と判断する場合

第四条(利用者情報の保護)

甲は、乙が登録時に記載する個人情報について、下記の目的以外での使用をしないものとします。また、個人の特定につながるデータを第三者に公開しないものとします。
顧客管理データとして使用します
マーケティングデータとして使用します
甲の協力会社の告知事項の配信先として使用する場合があります
法的な理由で開示する場合があります
※甲の運営するサイトのパートナー企業や、サイトを通じて乙がアクセスできる第三者企業のサイトなどは、当サイトとは異なるプライバシー規定や、データ収集規定を持っており、甲はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます

第五条(ホームページ)

甲は、各ページを構成するソフトウェアについて、甲の判断によりその仕様を変更し、バージョンアップすることができます

第六条(権利の譲渡)

乙は、本サービスの登録により享受できる権利を譲渡することはできないものとします

第七条(支払いの遅延)

乙が、甲の指定する期日までに商品購入代金の支払いを怠ったときは、支払済みに至るまで、年10%の割合による遅延損害金を支払うこととします。尚、その場合、甲は乙に提供する全部または一部のサービスの利用停止、もしくは本契約を解除することができ、それにより乙が被った損害に対して、甲は一切の責を負わないものとします
乙の支払い遅延に対し、甲が請求に要した一切の費用は、理由の如何を問わず、乙に請求できるものとする

第八条(契約)

契約は甲所定の手続きを経た上で契約内容を確認した日を契約日とします
契約期間は当事者の一方から書面による契約の申し入れがない限り、本契約は継続されるものとします

第九条(利用者義務)

乙は、本契約中または契約終了後にかかわらず本契約および本契約に関連して知り得た情報、データ、その他甲の機密に属すべき一切の事項を第三者に漏洩、流用、転載してはならないものとします
乙が、前項の規定に違反したときは、甲は、直ちにこの契約を解除して、損害の賠償を請求できるものとします

第十条(甲の免責)

甲が相当の安全策を講じたにも関わらず通信回線やコンピューターなどに障害が生じ、システムの中断・遅滞・中止等による損害、ウェブページが改ざんされたことにより利用者に生じた損害については、甲は一切責任を負いません
甲のウェブページ・サーバー・ドメインなどから送られるメール・コンテンツにコンピューターウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証しません
甲は利用者及びサービス提供者に対し、適時情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それにより責任を負うものではありません
利用者が本規約に違反したことによって生じた損害については、甲は一切責任をおいません

第十一条(禁止事項)

乙は、次の行為を行ってはならないものとします
甲から仕入れた商材をインターネット販売ならびにオークションや共同購入のシステムで販売する行為
「ピウズ・プロショップ」に関して利用しうる情報を改ざんする行為
有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込む行為
サービスを不正に使用し、または他の利用者もしくは第三者に使用させる行為
甲または他の登録者の業務を妨害する行為
甲または他の登録者を中傷する行為
「ピウズ・プロショップ」の運営を妨げ、または甲ないし「ピウズ・プロショップ」の信用を毀損する行為
その他、法律に反するすべての行為

第十二条(情報の削除)

甲は、乙が発信した情報の中に第十一条に該当する行為があると判断した場合また、その可能性がある場合、情報の削除ができるものとします。

第十三条(IDおよびパスワード)

甲は乙に対してIDおよびパスワードまたはその一方を割り当てて登録します
乙は、前項のパスワードについて、第三者に知られないように管理することとします。パスワードの盗用を防止する措置を乙の責任において行うものとします
乙はIDおよびパスワードを第三者へ貸与することはできないものとします
乙より発信された情報および「ピウズ・プロショップ」へのアクセスについてパスワードの不正使用、その他の事故であっても、乙がすべての責任を負い、甲は、そのために生じた損害については一切の責任を負わないものとします
IDおよびパスワードが不正使用された場合、乙は甲に対して直ちにその旨を届けるものとします。

第十四条(サービスの停止)

甲はサービスの安定かつ継続的運用に努めますが、天災や停電等の不可抗力または、保守作業により、サービスを一定期間停止させる場合があることを乙はあらかじめ承諾し、サービス停止による損害賠償等を甲に請求しないものとします

第十五条(免責)

甲は乙が登録に関して被った損害(その原因の如何を問わない)について、その損害を賠償する責を負わないものとします

第十六条(サービスの内容の保証および中止・中断)

「ピウズ・プロショップ」の内容は、甲がその時点で提供可能なものとします。甲は、理由の如何を問わずサービス・商品の提供が中断・中止し、その結果乙または第三者が損害を被ったとしても、当該損害について一切の責任を負わないものとします

第十七条(「ピウズ・プロショップ」の内容の変更および停止)

甲は、乙の事前の通知なくして、「ピウズ・プロショップ」の諸条件運用規制、または内容を変更することがあり、乙はこれを承諾します。この変更には、「ピウズ・プロショップ」の内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。また、甲は最低1ヶ月の予告期間をもって、「ピウズ・プロショップ」を停止または、中止することができます。この変更、停止、中止などについては、第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします

第十八条(解除)

甲は、乙の登録に関して、下記のいずれかの事由に該当した場合には、何らかの催告なしに本契約を解除するとともに、直ちに乙への一切のサービスを停止できるものとします
乙が本契約の条項に違反したとき
本サービスの利用料・商品代金の支払いを一度でも怠ったとき
差押、仮差押、仮処分、その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
手形または小切手の不渡りが発生したとき
破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき
前4号の他、乙の信用状態に重大な変化が生じたとき
解散または営業停止となったとき
乙が甲のコンピューターに保存されているデータを甲に無断で閲覧、変更もしくは破壊したとき
甲は前項各号にかかわらず、本契約の継続が困難と認めたときは、乙に対し、書面による勧告のうえ本契約を解除することができるものとします

第十九条(規約の変更)

本規約の変更については、甲が変更内容を通知または広告した後において、乙がサービスの利用を継続した場合には、乙は新しい規約を承認したものとします

第二十〇条(管轄裁判所)

甲と乙の間で訴訟の必要性を生じた場合には、大阪地方裁判所を合意管轄裁判所とすることとします

第二十一条(規定外条項)

本規約に定めのない事項が生じたとき、またはその各条項の解釈に疑義の生じたときは、甲乙協議の上、誠意をもって解決することとします

【元のページへ戻る】